忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




038e3c03.jpg

1stアルバムにして唯一無二の世界観を確立した1枚

EVOKEN『Embrace the Emptyness』
┃アメリカ
┃1stアルバム
┃ジャンル/デスメタル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2006年(オリジナル-1998年)
┃レーベル/Solitude Productions
┃マイスペース/http://www.myspace.com/evoken

 本作は再発盤で、ジャケも差し替えられてます。個人的にもこちらのほうが世界観にあっていると思う。
 フルとしては最初の作品なのですが、そうは思えないほど、すでに自己の世界を構築しきっていて、聴く者を底なしの闇へと引き擦り込む。まず、残響音による空間の演出の仕方が上手く、「Intro」からして真っ暗な広い空間に佇んでいるような感覚を演出し、場の空気を異界のソレへと変えてくる。つかみとして申し分なし。
 この手の音にしては結構多彩な展開をするので、以外にも聴きやすく、キャッチーなメロディあり、ゴシック的なアプローチあり、ドラムの手数も多いので、比較的アピールできる層は広いのではないかと。
 これから作品を出すごとにドロドロしたムードが強くなっていくバンドですが、本作もチラホラ。ゴシックな部分にしろ、提示するのが、単なる廃退の美という生易しいものになってないところが彼ららしいです。

【ピックアップ】07.Curse the Sunrise
 ギターの綺麗な響きが良い。……良いのにどこか畏れ多い。

■こんな人にオススメ
・ダークサイド側の人間
・闇に呑まれたい

■主な取り扱い店
・AMAZON
・Weird Truth
・GRAVE
・はるまげ堂

■この音源に近いアプローチをとるバンド
My Shameful、Esoteric、Ego Depths
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/