忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



435c42d7.jpg

重低音メイン多目で、さらにドロドロでカオスなムードな4thアルバム

EVOKEN『A Caress of the Void』
┃アメリカ
┃4thアルバム
┃ジャンル/デスメタル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2007年
┃レーベル/I Hate
┃マイスペース/http://www.myspace.com/evoken

 キーボード担当が抜けたおかげか、一応これまで通り使われているものの、目立った使われ方は減少しました。それゆえ、より、押し潰す重低音リフが際立っています。それなのに、残響音による空間の演出はこれまで通り行われているので、奥行きがあっても、イメージされる空間は狭い印象を持ち、結果的に閉塞感が増してます。おまけに音そのものに、どこか粘っこい感触があり、アートワークの影響なのかも知れませんが、聴いていると深緑色の汚泥にズブズブと侵食される気持ちになっていく。前作もドス黒い1枚でありましたが、今作はさらに黒く、陰惨たる死の匂いが充満している。
 エネルギーというものは有限で、たとえ無から生み出す創作とて限りがあります。活動し、表現する課程でどうしても元々あった鬱屈や、毒気は薄れていくものですが、もうベテランと言ってもいいバンドなのにもかかわらず、深みが増していくのはどういったことなのか興味が尽きません。

【ピックアップ】01.A Caress of the Void
 重低音が襲いくる前のタメが怖い。バックで鳴っているキーボードも圧迫感を強めていて、一気に日常の空気が消し飛ぶ。

■こんな人にオススメ
・精神真っ暗
・闇と戯れたい

■主な取り扱い店
・AMAZON
・Weird Truth
・GRAVE
・はるまげ堂

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Hyponic、Esoteric、Of Darkness
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/