忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



フューネラルドゥームを除いた2013年ベスト。
 根暗フィルターで2013年リリース音源をろ過したらこのような結果になりました。

PR




影の垂れ込める余裕なき旅路

┃Shades of Deep Water 『Waterways』
┃フィンランド
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム/デスメタル
┃リリース/2013年
┃レーベル/self release
┃バンドキャンプ/ http://shadesofdeepwater.bandcamp.com/

 細々とDEMOをリリースしていたShades of Deep Waterの待望(?)の1stフルアルバム。全7曲40分収録。
 音質や曲の構成はあまり気にせず、メロディの求心力だけで引っ張っていくB級らしい作品に仕上がっています。テンポもそれほど遅くなく、どちらかというとデスメタル寄りの作風。

 アートワークや歌詞は探検譚を思わせる内容であったので、開放感に満ちた作品だろうと勝手に思っていましたが、いざふたを開けてみて現れたのはどこまでも続く閉塞感。終始影が寄り添うメロディばかり鳴らしているためか、未開の地に対するワクワク感は微塵も感じられません。好奇心ではなく、何かから逃げるために旅をしている印象が強いです。ただ、緊張を要する場面ばかりで心休まる場面はまったくないのですが、この緊迫感の描き方がドラマティックでなかなかクセになります。
 メロディックな音楽を求める人にはもちろんオススメ。「泣きメロ」と聞いてすぐに回れ右してしまう人でも本作のメロディは緊迫感を出すために鳴らされるため、苦手でも聴ける余地はあると思います。



【ピックアップ】02.The Breathless Sea
 どこへ行こうと、どこまで行こうと目の前に立ちはだかる閉塞。

■こんな人にオススメ
・メロディックな曲が聴きたい
・緊迫感のある音が好き

■主な入手方法
・bandcamp

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Night of Suicide、Mistguide




全方位どこから聴いてもド直球なフューネラルドゥーム

┃Everlasting 『March Of Time』
┃ロシア
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム
┃リリース/2013年
┃レーベル/Solitude Productions
┃バンドキャンプ/ http://everlasting1.bandcamp.com/album/march-of-time

 ロシア産フューネラルドゥームバンドによる1stアルバム。全4曲51分収録。
 全方位どこから聴いてもフューネラルドゥームなサウンドを展開。気を抜けば止まりそうな超低速に、薄味なメロディ、空間の広さを演出するキーボード、適度にクリーンボイス交えつつボソボソと呟くようなボーカルと、基本的な要素は全て網羅。しっかり先人バンドを聴いてきたのか、受けた影響の反映っぷりに抜かりはありません。ただそれだけに、このバンドでしか聴けない要素はあまりないです。これはもう優等生バンドの宿命と言うべきか。そのかわりSolitude Productionsからリリースされてるだけあって一定以上のクオリティは保たれています。このジャンルが好きならば、曲の展開は読めつつも心が動くのを避けられないのではないでしょうか。痛みを感じないように封じた感情をゆっくりゆっくり解凍していく感覚が、表現としてベタながらもたまりません。



【ピックアップ】03.March Of Time
 表題曲。曲の途中で雨のSEを導入して叙情感を増す手法も既視感たっぷりですが、良いものは良いです。

■こんな人にオススメ
・フューネラルドゥームが好き
・メロディは適度に

■主な入手方法
・Weird Truth
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Mournful Congregation、Funeral Tears、Night of Suicide




音にも曲展開にも飾り気がないアメリカのフューネラルドゥーム

┃Ephemeros 『All Hail Corrosion』
┃アメリカ
┃1stアルバム
┃ジャンル/スラッジ/フューネラルドゥーム
┃リリース/2013年
┃レーベル/Seventh Rule Recordings
┃バンドキャンプ/ http://releases.seventhrule.com/album/all-hail-corrosion

 アメリカのフューネラルドゥームバンドの1stアルバム。全3曲40分。
 フューネラルドゥームにスラッジ要素を少々トッピングしたようなスタイル。それゆえにメロディも薄目というかほぼなし。ジャリっとしたノイズを含みながら鼓膜を圧してくる重低音は、砂が混じっているようで妙な聴き心地があります。音が乾燥していると言いますか、この系統の他のバンドは湿度を感じさせる音ばかりなので、そこが少し新鮮に思えたり。あとはスラッジ色のあるバンドの常でありますが、音といい曲展開といい飾り気がまったくないです。憂いや感傷といった感覚は女々しいとばかりにどこまでもドライ。メロディアスな音楽が好きな人は避けたほうがいいかもしれません。逆に甘さ控えめな音がいける人にはピッタリかと。



【ピックアップ】02.Stillborn Workhorse
 終盤だけキーボードが入って少しだけ壮大になります。これを地味ととるか甘さ控えめととるか……。

■こんな人にオススメ
・湿っぽいのは苦手
・メロディはなくてもいい

■主な入手方法
・AMAZON
・HMV

■この音源に近いアプローチをとるバンド
FUNERALIUM、Night Must Fall


Songs From A Tombの新譜『Nostalgia』がbandcampにて配信されています。bandcampではBuy Nowですが、FREE DOWNLOADのリンクも掲載。
内容は相変わらずの流麗なアンビエントで、フューネラルドゥームの要素はあるのかないのかわからないラインの作風。



MistGuideが新譜をbandcampで公開しています。おまけにフリーDL。例によってゴシックメタルのようになっていますが、やや苦手な自分でも聴けます。



bandcampにてMy Shamefulの新曲が1曲だけ聴けるようになっています。しかし葬式からはずいぶんと離れてしまいました。







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/